気になった場合

匂い、物音が気になったら

変な匂いがする、天井から妙な音がする、急に停電してしまった、などといった問題が生じた場合、屋根裏に害獣が来訪しているかもしれません。ペットを飼っていないのにもかかわらず、動物の排泄物の匂いがする場合はすでに住み着いてしまっていると考えてよいでしょう。糞尿の匂いは大きなストレスになると共に、シミが広がると断熱材や天井部分を修理、補修をしなければなりません。また、害獣は夜行性が多く、夜中に大きな音を立てて活発に動き回るため、安眠妨害にもなります。配線を切断された場合、停電だけでなく、漏電をして火災になったり、ガス漏れを起こして爆発事故を起こしてしまう可能性もあります。そのため、害獣の存在に気がついたら、即座に専門の害獣駆除の業者に依頼をする必要があります。

害獣駆除とはどういったものか

害獣を放置しておくと、匂いや騒音だけではなく、家そのものが被害を受け、腐ってしまって住む事ができなくなってしまう可能性があります。できる限り早く害獣駆除の専門業者に依頼をする事が重要です。自分で駆除しようとしてもそううまくはいかないと思いますし、実は勝手に駆除をしてはいけない動物もいるのです。害獣でありながら、鳥獣保護法によって保護獣に指定されたハクビシンなどの動物がいるのです。そうした動物を駆除するには、被害状況を明白にし、その上で鳥獣保護法に基づいた許可を取らなければいけません。ですが、害獣駆除の専門業者に駆除を依頼すれば、そうした面倒な手続きを一切行う必要が無くなります。早めに対処するためにも、早々に害獣駆除業者に依頼をしてしまうのが一番です。